トピックス

南海トラフ巨大地震へ備え、無料の木造住宅耐震診断を!【松阪市】

先日、また東北で大きな地震がありましたね。

三重県にも大きな被害が予想されている南海トラフ巨大地震は、東日本大震災のマグニチュード9.0を超える超巨大地震が来ると言われています。

しかもその大地震が来る確率は、30年のうちに70%~80%なんだとか😱

三重県も家屋の倒壊や津波による堤防の決壊など、かなり甚大な被害が及ぶとされています。

 

そこで松阪市では、住まいの地震に対する強さを判定する、木造住宅耐震診断無料で実施しています。

今回は松阪市の耐震診断についてご紹介しますので、少しでも耐震に心配のある住宅をお持ちの方は、ぜひ最後までお読みください。

 

木造住宅の無料耐震診断

阪神・淡路大震災で倒壊した住宅は、昭和56年5月以前の旧耐震基準で建てられた木造住宅に多かったというデータがあります。

それを踏まえ、懸念されている南海トラフ巨大地震などの大規模地震に備えて、まずは耐震性を知ってもらうことを目的として条件に該当する家屋の耐震診断を無料で実施しています。

 

そもそも耐震診断とは?

耐震診断とは、住まいの地震に対する強さを判定することです。

耐震診断では、地震に対する家の強さを評点(0~1.5)の数値で示します。

評点が1.0以上となる住宅が「倒壊するおそれが少ない住宅」となります。

 

対象家屋

次の条件にすべて該当する木造住宅を市内に所有の方
(居住者の同意を得た所有者、または所有者の同意を得た居住者)

 

・昭和56年5月31日以前に着工または完成したもの

・階数が3階建て以下のもの

・供用住宅の場合、延べ床面積の過半が住宅の用に供されているもの

・在来軸組構法、伝統的構法、枠組壁工法のもの(丸太組み、プレハブ工法などは対象外)

引用元:木造住宅の無料耐震診断 - 松阪市ホームページ

 

申し込み方法

耐震診断等実施申込書兼同意書に必要事項を記入し、防災対策課または各地域振興局地域振興課へ提出。

4月に申し込んでも、建築士の方々とのやり取りで実際に診断ができるのが5月ごろになるそうです。

早めに申し込んだ方が安心ですね。

申し込み用紙は松阪市のホームページから入手できます。

松阪市木造住宅無料耐震診断

いつ来てもおかしくないと言われている南海トラフ巨大地震

地震で家屋が倒壊すれば、尊い命を奪うことになりかねません。それは空き家でも同様です。

築40年を過ぎた家屋に住んでいたり、空き家を持っている方は、無料の耐震診断を受けてみてはいかがでしょうか?

 

耐震診断の結果が芳しくなかった…という方は、甚大な被害が及ぶ前に家屋の解体も視野に入れることをおススメします。

松阪市には、木造住宅の解体補助金もあります。

 

リライフは、2階建て住宅までの解体専門業者です。補助金を使った解体経験もあります。

お見積りやご相談はお気軽にお問い合わせ下さいね。

 

===================

無料お見積り随時受付中!

WEBからのお見積り&ご成約で、
QUOカードプレゼント中✨

▶ 無料相談・お見積り・お問い合わせはこちら◀

 

もちろん、お電話でのお見積り、ご相談もお待ちしております

TEL:0598-58-0644

====================

 

家屋解体・内装解体・外構解体
株式会社Re.Life(リ・ライフ)

住所:松阪市平成町76-6
TEL:0598-58-0644
URL:https://relife-mie.co.jp/

解体に関するお悩みをリ.ライフが解決します! Webからのお問い合わせはこちら

三重県松阪市を中心に地域密着で対応しています!

  • 松阪市
  • 津市
  • 伊勢市
  • 多気郡
  • 伊賀市
  • 名張市
  • 亀山市
  • 鈴鹿市