トピックス

空き家解体費用とその後のおススメ土地活用法

松阪市でも、空き家に関する補助金が出されるなど、空き家を減らす取り組みが多くの自治体でなされています。
中心市街地空家等解消リセット補助金【松阪市】

松阪市の木造住宅の解体補助金 令和3年度の申請が始まります!

空き家を何とかしたいけど、どうすればよいのか困っている方も多いと思います。

 

そこで今回は、空き家解消法の一つである空き家解体について、その費用と解体後の土地活用法についてお伝えします。

 

==========
目次

1.空き家解体の費用相場

2.空き家解体のメリット

3.空き家解体のデメリット

4.解体後の土地活用法
==========

 

1.空き家解体費用の相場とは

空き家の解体費用は、地域や立地条件によって若干異なりますが、木造住宅で1坪4万円程度、鉄筋コンクリート造で1坪6万円程度が相場と言われることがあります。

また、汚水処理をする浄化槽が設置されている家では、浄化槽1個あたり50~80万円程度かかるケースもあります。

解体費用以外にも、解体工事の際に破片や砂ホコリが周辺に飛散するのを防ぐ処置や、防音対策などにかかる費用、廃材や家具、家電の処理にかかる廃棄物処分費を別途請求されるケースもあります。

 

2.空き家解体のメリットとは

空き家があると、様々なリスクがあります。
倒壊、景観・治安悪化など…空き家にまつわる近隣トラブルまとめ

そのため、空き家があると定期的な空き家の巡回、補修工事の手間や費用が必要ですが、解体することでその負担が一切なくなります。

さらに1年以上人の出入りがなく、不適切な状態で放置された空き家は、空き家対策特別措置法に基づき「特定空家等」に指定され、行政からの指導に応じなければ強制執行(所有者が費用を負担する強制撤去)、固定資産税の軽減措置(住宅用地の特例)対象から除外され、納税額が6倍に跳ね上がるなどの処罰を受けなくてはなりません。

空き家の解体をすれば、このような勧告を受けることもなくなります。

さらに老朽化した空き家が建ったままの土地(古家付土地)よりも、更地になった土地の方がスムーズに売却できる傾向がありますので、将来的にその土地を手放すことを考えているのであれば、早めに解体してしまうのがおススメです。

 

3.空き家解体のデメリットとは

空き家の解体費用は土地や建物の所有者が負担しなければなりませんので、経済的な負担が大きいのが一番のデメリットです。
中には、自分が生まれ育った家と思い出が消えてしまうという理由で、解体を躊躇しているケースも見られます。

また、建物がなくなると、固定資産税が上がってしまうのではないか?という噂も聞かれます。

しかし一概に高くなるとは言えず、ケースによってまちまちです。

固定資産税の納付書を手元に用意して、自治体の税務課にお電話をして頂ければ、担当の方が解体前と解体後の税金を教えてくれますので、気になる方は問い合わせてみてくださいね。

 

4.解体後の土地活用法

解体後もし固定資産税が高くなってしまっても、節税対策ができるので安心してください。

ここからは節税対策ができる、具体的な土地活用について説明していきます。

 

地目を「雑種地」に変えて固定資産税を安くし収益も上げる

登記簿の土地の利用法を示す「地目」を「雑種地」に変えるような土地の使い方をすると、固定資産税の税率が下がります。

雑種地の税率は標準税率のような決まった数値はありません。

各自治体が周囲の似たような条件の土地を参考にして税率を決めており、その税率は標準税率よりも低い傾向にあります。

「地目」を「雑種地」に変える土地の利用法は、駐車場やコインパーキング、ゴルフ場などの運動場や資材置き場などです。

土地を駐車場などとして活用すれば、固定資産税額を抑えることができ、さらに収益も得ることができ、固定資産税を経費に計上できます。

 

農地としての利用も節税対策に


更地を農地として活用しても、その土地の前年度と当該年度の標準額を基準にした負担水準から税率が算出されるので、その税率は標準税率よりも低くなります。

農地については、その土地のある場所が都市部なのかどうか、または生産緑地として使われるのかなど、土地の場所と利用の形態によって細かく区分されていて、税率もそれぞれ異なります。

ただ、どの区分が適用されても、適用される税率は標準税率よりも低くなるため、税額を下げることが可能です。

 

リライフでは、2階建てまでの一般住宅専門の解体業者です。

補助金を利用した解体の経験がありますので、申請に困った際はご相談ください。

空き家解体のお見積りは無料で承っています。お気軽にご連絡下さいね。

 

無料お見積り随時受付ております

WEBからのお見積り&ご成約で、
QUOカードプレゼント中✨

▶無料相談・お見積り・お問い合わせはこちらから◀

 

もちろん、お電話でのお見積り、ご相談もお待ちしております

TEL:0598-58-0644

 

家屋解体・内装解体・外構解体
株式会社Re.Life(リ・ライフ)

住所:松阪市平成町76-6
TEL:0598-58-0644
URL:https://relife-mie.co.jp/

解体に関するお悩みをリ.ライフが解決します! Webからのお問い合わせはこちら

三重県松阪市を中心に地域密着で対応しています!

  • 松阪市
  • 津市
  • 伊勢市
  • 多気郡
  • 伊賀市
  • 名張市
  • 亀山市
  • 鈴鹿市